春の「薫風山桜テリーヌ」

 

桜の季節に、ゴージャスで贅沢な逸品が登場しました!

春の薫風山桜テリーヌ」です!

 

テリーヌという料理名はフランス料理でよく聞きますね。

普通は型にバターなどを塗って、

挽肉や魚のすり身、野菜などを詰めてオーブンで焼いてスライスし、

前菜に出されるものが多いですが、

今回ご紹介したいのは甘いスイーツのテリーヌです。

 

 

 

 

 

 

 

まず、春らしい色合いをご覧ください。

ピンク、白、グリーンと、層をなした三色が綺麗です。

春という季節の美しさ、

あるいは桜が数多く咲き誇る野山が

そのままスイーツになった感じです。

 

国産の桜の花と桜の葉を使い、生地のきめ細やかさを追求し、

アーモンドを惜しげもなく練り込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

驚きなのは、クランベリーとビターアーモンドが

アクセントを添えるのはなんと、わらびもち。

和菓子の素材を大胆に洋菓子の中に挟んでしまいました。

大胆だけれども、その味は違和感もなく、繊細です。

 

そして、アーモンドのラングドシャが

更に美味しさのハーモニーを奏でます。

 

春をギュッとテリーヌに凝縮させたこの熟練した技術は、

欧菓子KUTSUMIならではです。

 

素材はどれも厳選されているので、安心して食べられます。

味わいは優しく、上品です。

甘いだけでなく、塩味が効いているので味の深みを堪能できます。

しっとりとした食感は春を楽しむ食の席に、ぴったりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

注目すべきは、大抵のスイーツに付き物の

防腐剤や着色料、人工的な香料などを使用していないことです。

それだけでなくマーガリンやショートニングも一切使っていないので、

食品添加物に敏感な方にもおすすめできます。

せっかくの桜の風味を台無しにしてしまう乾燥剤も、

熱を発する脱酸素剤も、香りが移ってしまう恐れのある保存ガスなども、

同梱しないこだわりは、脱帽です。

 

今の季節、お花見をしながら食べるのも良し、

お部屋の中で桜を思いながら食べるのもまた格別です。

切り分ける度に歓声が上がるのが目に浮かぶようですね。

お腹いっぱいになったとしても、

欲張ってもう一切れ、と手を伸ばしてしまいそうです。

 

ブランディを微かに効かせた艶やかなスイーツなので

食のシーンを華やかに彩ることでしょう。

大切な人と食べれば美味しさも格別。

数多くのスイーツを食べてきた人にも、

きっと満足して頂ける一品だと思います。

 

春限定!なので、本物の桜を見るだけでなく、

桜の香りと味をこころゆくまで味わいたいなら、

ぜひこの「春の薫風山桜テリーヌ」をご賞味あれ。

 

 

 

 

 

 

 

欧菓子KUTSUMI/春の薫風桜餅テリーヌ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です