桜の花を閉じ込めた「桜咲くさくらゼリー」で春を満喫!

 

春はお花見の季節ですね。

お花見といえばやはり桜。

昔から受け継がれてきた桜を愛でる心が、

私たちを桜の木の元へと誘います。

気の合った仲間や友人、家族や恋人と一緒に座り、

美味しいものを食べて飲んで、親交を深め英気を養う……。

その機会が今年もやってきました。

 

早速美味しい食べ物やお酒などの飲み物を持ち寄って、

楽しい時間を過ごしたいものですが、

スーパーやデパートを見てもショッピングサイトを見ても、

商品が溢れていてどれにしようか迷ってしまいますよね。

そんなあなたに朗報です!

 

 

 

 

 

 

 

 

あんみつで有名な菓子舗榮太楼から、

お花見の席にぴったりのスイーツが登場しました!

お花見にはおつまみの揚げ物や、

味付けが濃いものも多く、あっさり系は貴重です。

 

また、参加するのは必ずしも

お酒を飲む人や沢山食べる人ばかりではありません。

お酒を飲まない人や小食の人、

脂っこいものが苦手な人にも喜んでもらえるものがベストです。

あるいはお酒の合間の箸休めとして、

小腹にちょうど良い軽いものが望まれる場合もあります。

できることならせっかくの集いの場、春らしい一品にしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき、この「桜咲くさくらゼリー」を出せば、

みんなの視線が釘付けになること請け合いです。

パッと目を引く華やかさ。

透明でみずみずしく、丸い愛らしい姿形。

桜の花を一輪閉じ込めたその内部には、

凝縮された春が宿っているようです。

 

 

 

 

 

使用する桜は神奈川県の八重桜。

花びらの数が多いので塩漬けにしても豪華に見えます。

沢山の塩漬けの桜の中から

とりわけ大きいものを手作業で選び、形を整えています。

満開の花ばかりでなく、五分咲きや七分咲き、

つぼみまであえて入れるというこだわりよう。

老舗だからこその技が映えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可憐な桜の花そのものと言ってもいい、

この「桜咲くさくらゼリー」。

1人1つと言わず、2つでも3つでも食べてしまいたくなるので、

何個入りにしようか迷ったときは

たっぷり15個入っているものをおすすめします。

 

せっかくの春、欲張って目でも味でも

とことん桜を味わうことができたら素敵だと思いませんか。

 

桜の花や枝は折ってはいけませんが、

この「桜咲くさくらゼリー」なら食べる前に手元に置いて、

暫くの間眺めてもいいですし、

今年の春の記念として写真に撮っておくこともできます。

愛らしいその姿はきっと楽しい

お花見の思い出のワンシーンとなることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

桜咲くさくらゼリー15個入/秋田 栄太楼(季節限定桜スイーツ)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です