埼玉県のクラフトビール「COEDO(コエド)」

 

 

TVドラマ「獣になれない私たち」で

クラフトビールへの注目が高まっていますよね。

女性もクラフトビールをカフェで飲んでいるほど

身近なものになってきました。

 

美容学校を卒業しているので、

30歳を過ぎたあたりから、独立する友人がたくさんいて、

オープン祝いに観葉植物を贈ったりしていたのですが、

インスタグラムやフェイスブックで

お祝いのお礼を兼ねて写真を投稿してくれてるのを見ると

被り率が尋常じゃなかったので(苦笑)

観葉植物以外の贈り物を探していました。

 

 

 

まず検討したのがブリザーブドフラワーだったのですが、

実際に自分がプレゼントされてみた感想としては

もらったった時はうれしいのですが

手間がかからないように見えて

ホコリがたまらないように手入れしたり、

個性的な色のものだとインテリアとミスマッチだったり。

あとは長持ちするだけに、捨てる時に困るという印象が強かったので、

消えるものにしようと思い、たどり着いたのが名入りのビールでした。

 

 

 

コエドビール(COEDO)というのは、

埼玉県川越を拠点にした「コエドブルワリー」が提供するビールです。

瑠璃(Ruri)、伽羅(Kyara)、漆黒(Shikkoku)、白(Shiro)、紅赤(Beniaka)の

5種類あるうちの、漆黒1本・瑠璃2本・伽羅2本の、

5本がセットになった地ビールギフト

 

缶ビールも販売されてますが、

ギフトはおしゃれな瓶タイプ。

名前やメッセージを手書き風に入れることができるので

唯一無二のギフトになります。

15文字まで入れることが出来るので、

「開店おめでとうございます」というメッセージじゃなくて、

お店の名前を入れてもらったら、

飲んだ後の瓶をディスプレイしてくれていました。

贈ったこちらも嬉しい気分になりました。

 

余談ですが、

最初に触れた「獣になれない私たち」でも

しっかりとCOEDOビールが登場しており、

ドラマ内で、新垣結衣さん演じる深海晶が

お土産として持っていったビールがCOEDOビールです。

 

おしゃれなパッケージなので、

贈るギフトとしてだけじゃなく、

ホームパーティーや持ち寄りの女子会、

花見の季節やBBQに持参する手土産としても喜ばれます。

 

ビールは苦手…という女子が多かったのですが、

クラフトビールはフルーティーな香りがしたり、

瓶や缶の可愛さなどから女子人気が急上昇中のアイテムです。

 

お酒工房さんでは、ブリザーブドフラワーとお酒のセットや、

グラスへの名入れギフトなどの品ぞろえも豊富で

焼酎好きの母のお誕生日にもお世話になっています。

 

勤めている会社の3周年をお祝いするパーティーでは、

従業員から社長へ会社の名前を入れたワインボトルを贈ったりと

用途によってお酒の種類やメッセージを変えて利用させてもらっています。

 

 

 

 

地ビール「COEDO(コエド)」5本セット 手書きラベル付き

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です